FC2ブログ
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 未分類
2018-11-05-Mon
みしらぬあやしいアイス
181020-ice2.jpg

12月にバテンカイトスのオフ会にサークル参加するため、全力で原稿に向かわなければいけない身でありながら、10月はぶつ森のみしらぬネコ×あやしいネコというCPに目覚めて大変でした。毎晩ツイッターで大騒ぎでした。その結果(?)仲良くしていたあるフォロワーさんにイラストのパクリ疑惑をかけられ、弁明する間も与えられずブロックされました(爆笑)あまりにショックだったのでぶつ森熱は急降下、ようやくバテンの原稿に集中できるようになり、そういう意味では感謝しています。

なんていうのは嘘です。もう二度と関わることはないだろうけど、たぶん許せない。そう考えている私が何故、いちゃもんを付けられた絵をわざわざ削除して、それでいてぶつ森アカウントでこの件に触れないのか、よく考えて欲しいな。私にとってぶつ森という作品が大事だからだよ。こんなつまらない事でマイナスイメージを持たれたくないからだよ。ぶつ森を楽しんでいるフォロワーさん達の邪魔をしたくないからだよ。もし貴方にこういう気持ちが少しでもあったのなら、こんな事にはならなかったのにね。同じぶつ森ファンとして本当に残念。
スポンサーサイト
CATEGORY : 版権キャラ
2018-09-13-Thu
バテンカイトスの女子はみんな可愛い
180912-x.png

バテンのヒロイン、シェラはキュートな見た目に反して凄い人格者なんですけど、
それでいて普通の女の子らしい一面も持ってるからラストでめっちゃ泣かされます。
シェラほど好感を持てるヒロインはいないと断言できてしまう。

180912-m1.png

そんなシェラの対抗馬的存在(?)であるミローディア。
ミローディアを語るともれなくネタバレになってしまうから、表立ってその魅力を伝えられないのが悔しいところ。
バテン無印を遊んだだけでも十分に印象的なキャラクターですが、バテン2を遊ぶともうね・・・
あまりにも「僕等のミローディア」すぎて・・・涙
CATEGORY : 旅行記
2018-09-12-Wed
伊豆大島
連休がとれたので、一泊二日で伊豆大島に行ってきました!
3日前に決めたわりには船も宿も希望通り予約できたのが意外だったのですが、
後で現地の人に聞いたら「天気が悪いと観光客はがくっと減る」らしく、天気が悪かったおかげかもしれません^^
とは言え両日とも1日の半分は晴れていたし、目的は現実逃避なので、島にいれるだけで幸せでした。

DSC05184.jpg

大島は一応東京都の一部ですが、東京感は一切ありませんでした。
港周辺ですら観光地化されておらず、時間を潰せるようなお店はほとんどありません。
ただひたすら、美しい自然の中でのんびり過ごすしかない感じで、もう最高でした。
とは言え注意しなきゃいけない点もあるので、細かく記録しておきたいと思います!

CATEGORY : みしらぬネコ擬人化
2018-08-31-Fri
秋めいてきた
180830-m1.png

ポケ森のガーデンイベントの予告を見て描いたみしらぬネコ

今夏は本当に暑かったので、夏好きの私と言えど秋の風を感じると嬉しくなってしまいます^^
CATEGORY : 写真
2018-08-30-Thu
使い分け
DSC03568.jpg

ツイッターにかまけてブログの更新を怠ったことを反省し、最近は意識してツイッターをあまり見ないようにしています(笑)

過去にツイッターを何度かやめている私ですが、理由は大抵「ネガティブな呟きが多すぎてフォロワーさんに申し訳ない」
からだったように思います。もっと言うと、鬱陶しがられて嫌われるのが怖かったから。
私にとってツイッターはお祭り会場みたいなものなので、できるだけ軽いノリで呟くのが理想。
今はネガティブになること自体が少ないので、前よりツイッターとの相性が良いんですよね。
(あくまで私にとってのツイッターなので、他の方がどのように使われていようと気にしません)

とは言え、自分の軽い部分ばかり出しているとどうも落ち着かない。本当にこれでいいのか?と焦りが出てくる。
明るい部分=他人に受け入れられやすい部分を見せるのって簡単です。何の緊張感もない。
その緊張感のなさが当たり前になると、暗くて重い部分を出すのが難しくなってしまう。
しかもそういう部分って、表に出すだけ損なのでは?と思えるものだから、余計に書き難くなる。
でもやはりね、そこに遣り甲斐を感じているわけです。ギリギリのところを歩きたいのです。
他人に理解されなくても、暗くても重くても、自分が感じたことを信じたい。
そのためのツールとして最適なのがブログでした。

明るい面も暗い面も、どちらも本当で、どちらも必要。出す場所、タイミングを選べばいいだけ。
昔よりはずっと選べるようになったと思うんですよね。これからもっと上手く使い分けていきたいです。
Copyright © 2018 pelagic. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。