CATEGORY : 未分類
2017-09-14-Thu
45周年おめでとうございます
20170914_222056 (2)

敬愛する谷山浩子さんの新しいアルバム「月に聞いた11の物語」が発売されました。
秋の夜長にぴったりなダークメルヘン要素が満載で、相変わらず発想が凄いなと思う曲ばかり。
「きみは今夜も眠れない」というコピー通り、ワクワクするし不安になるしで、安眠妨害なのは間違いない感じ^^ 
一番のお気に入りは「きつね」です。音楽も歌詞も声も最初から最後まで最高~~~
あとこのアルバムのデザインが凄く好きです。歌詞カードも盤面もめっちゃ可愛い。

浩子さんは綺麗な曲、楽しい曲、悲しい曲、可愛い曲、やさしい曲、狂った曲、何でも歌える方ですが、
今回のアルバムは全体的に暗くてお茶目だなと思いました。私が大好きな、悪夢で遊んでる浩子さんだ。
デビュー45周年にしてまだ力が有り余ってるように感じられて、とても嬉しいです。
CATEGORY : 写真
2017-09-13-Wed
親と子
DSC07692.jpg

先日、兄の子供が産まれたのですが、ずっと女の子だと言われていたのに実際は男の子だったそうです。
無事に産まれてくれれば性別なんてどっちでもいいとは言え、女の子のつもりでいろいろ用意していた兄はちょっと困っているようで・・・
そんな兄には申し訳ないけど、産まれた瞬間から親の期待を裏切るって凄く良いなあと思いました。
甥がどんな子に育つのかとても楽しみです。

この年になって、友人達とそれぞれの家族についてよく話すようになったのですが、いろいろ発見があって面白いです。
親子関係に悩んでない人の方がレアなのでは?と思うくらい、みんな何かしらの問題を抱えている。
そして根本的には解決できない問題ばかりだから、問題から上手く離れられるかどうかが命運を分けている印象。

私の場合、一人で死んでやろうと思って勝手にアパートを借りて実家を出たのが親離れに繋がりました。
親から物理的に離れるのが一番手っ取り早い対処法だと思うから、健全ではなかったものの早い段階で実行できて良かった。
罪悪感はそれなりにあったので、親はもう死んだのだと思うようにしていましたが^^
結局うちの両親はそこまで悪い人ではなかったので、申し訳ないような気もしますが、拒絶したことを後悔はしていません。
どんな親子関係だったとしても必ず離れなければいけない日がくる、それが自然なんだから。
CATEGORY : 旅行記
2017-09-11-Mon
城南島海浜公園
20170909_173923.jpg

綺麗な夕日が見たくて城南島海浜公園にふらっと行って来た(※徒歩80分)のですが、
夕日よりも凄かったのは飛行機。飛行機が近くを通るので有名な公園だったんですねえ。

20170911_222407.jpg

こんなコラ画像みたいな写真が撮れる。凄い迫力でした。

20170909_173905.jpg

夕日も綺麗だったけど、方角的にちょっと惜しかった・・・!

久しぶりに水平線を見て、砂浜を歩いて、めちゃくちゃテンションが上がりました。
やっぱり海は偉大だ。圧倒されて、恐怖心と好奇心で頭がワーッってなるのが楽しい。

海自体がよっぽど印象に残ったのか、この翌日、日本列島が海に沈む夢を見ました(笑)
どちらかと言うと悪夢だけど、なかなかエキサイティングな体験ができたので良かったです^^
CATEGORY : 写真
2017-09-08-Fri
山から海へ
20170908_141932.jpg

山梨にいた時は常に山に囲まれていたので、東京では山が見えないことに不安を覚えそう・・・とか思ってましたが、
今のところ海が近くにあるというワクワク感の方が勝っています。歩いて行ける距離に海があるの!凄い!!
辛いことがあってもなくても海に向かって叫ぶのが夢です。

登山やマリンスポーツをするわけではないので、山も海も近場に無いなら無いで問題ないはずなんですけどね。
精神衛生上、自分の日常には大自然の存在が不可欠です。神様みたいなものなんだろうか。

山が見えないことの他に大きく違うのは、夜に虫の声が聴こえないこと。
今の家は道路沿いにあって、窓も二重構造になるくらいの喧しさなので、窓を開けて寝るというのは有り得ません。
虫がいたとしてもその声はまず届かないから、虫の声不足に陥ったらニコ動で虫の声BGMを聴きながら寝ようと思います^^
CATEGORY : 写真
2017-09-07-Thu
ピンチはチャンス
DSC07636.jpg

引越しが無事に終わり、東京都民になりました。
ぶっちゃけ都道府県の中で一番住みたくないのが東京だったのですが(笑)因果なもので・・・
オタクとしては大変お世話になっているんですけどね、人もビルも物も多すぎて、田舎者としては落ち着きません。
地方の過疎化が問題になっている中、田舎大好きな自分が東京に行ってどうすんだよ的な葛藤もありました^^

でも苦手なものを攻略しなければいけないこの状況、めちゃくちゃ有り難いです。
都会で暮らすということだけじゃなく、他人と暮らすということも以前の自分では考えられないことでした。
好き嫌いは変わらなくてもいいけど、できることは増やしたい。人間として成長するために。
1年後の自分が東京でどんな風に生きているか、とても楽しみです。

次の仕事が始まるのは10月上旬で、それまでは有給消化期間。
片付けや諸々の手続きで既に数日経ってしまいましたが、それでもあと1ヶ月お休みだなんてハッピーすぎる。
人生最後の夏休みだと思って、全力で遊びます。やりたいことが多すぎてパンクしそう。
Copyright © 2017 pelagic. all rights reserved.