FC2ブログ
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
CATEGORY : 版権キャラ
2018-08-16-Thu
バテンカイトスは神ゲー
180810-k.png
バテン1の主人公カラス

180716-s.png
バテン2の主人公サギ

クズマーン一族に傾倒している私ではありますが、主人公2人には特別な思い入れがあります。
(このゲームの性質上、主人公が特別な存在にならない方がレアケースかとは思いますが^^)
ゲーム中盤くらいまでは普通に「カラスかっこいい!」「サギかわいい!」ってキャッキャできるんですけど、
展開が展開なので、クリア後には煩悩が消えていたような気がします。カラスもサギもただひたすらに尊い存在。

多感すぎて死にそうだった時期にこのゲームに出会えたことは、私の人生を代表する出来事の一つです。
続編はいつまでも待ってます!!!!!!!!!

CATEGORY : 写真
2018-08-02-Thu
見つめ直す
DSC04725.jpg

自然にドライフラワーになってたガクアジサイ。枯れてもなお美しすぎて、植物って本当に凄いなと思った。

私、学生時代は日本が大嫌いでした。とは言え、嫌っていた理由を思い出せないくらいだから
日本というよりは現実世界全体への拒絶だった可能性が高いけど、とりあえず外国に移住するのが夢でした。
社会人になってから何かの拍子に愛国心が芽生えて、自分が日本人であることを誇りに思うようになったのですが、
ブラック企業に勤めてみていろんな事が分かったからか(笑)最近また日本への不信感が募っています。

外国人の知り合いすらいないから、外国の実体なんて分かりません。
そんな外国と自国を比べるなんて無意味なことかもしれない。
ただ、日本が変な国である可能性について考えることは、生き難さを感じる自分を鼓舞することに繋がるはず。
見方を変えたい。視野が狭いばかりに、自分を否定することがないように。
CATEGORY : 旅行記
2018-07-23-Mon
神様に会いたい
DSC04874.jpg

夢に見るほど楽しみにしていた蓮華!上野の不忍池が見頃と聞いて行ってきました。
到着したのは8時台。半分以上の花は閉じていましたが、それでも大きな池なので見応えは十分でした。

蓮華や向日葵や紫陽花のような大きめの花が大好きなのですが、それは「圧倒されたいからだ」という結論に至りました。
私にとって植物とは崇拝すべき対象なので、畏怖の念を抱かせて欲しいんだと思います。
その点に関して蓮華は完璧です。蓮華ほど神性を感じる花はない。
美しいのはもちろん、見られる時間が限られるところとか、簡単には近づけないところとかもポイント高いです(笑)

DSC04945.jpg

私も汗だくで撮影していましたが、連日の猛暑のせいか花の方もだいぶ疲れているような・・・
蓮華は寿命が残り少ない花ほど遅くまで開いているので、元気な花はもう閉じている時間だっただけかもしれませんが^^
次の機会には6時台の到着を目指したいです。

CATEGORY : 写真
2018-07-09-Mon
奇跡
DSC04062.jpg

人間をやっていると、生まれたからには何かを成し遂げなければダメなんだとか思ってしまうけど、
本当は「ただ生きている」わけではなく「生き延びている」んだよね。それだけで十分凄いこと。
死はいつもすぐそこに在る、それをギリギリのところで回避し続けているのだから本当に奇跡。

世界の誰かにふりかかった災難は、他の誰にも起こりうることだ。
だから私はよくネガティブなシュミレーションをしては泣いています(笑)
それが無駄な苦労で終わればいいけど、そう簡単にはいかないんだろうな。

どんな危機が訪れたとしても生にしがみ付くつもりだけど、ついに死を迎えることになった時に
できるだけ後悔を残さないように、好きなものを日々全力で愛でていきたいと思います。
CATEGORY : ゲーム記
2018-07-06-Fri
スタバレ◆面白いよ~~~!!
180628-s.png

Nintendo Switchの「スターデュー バレー」を相方に勧められて遊んだらドハマリしました。
大の牧場物語ファンの方が作ったゲームなだけあって、ほぼ牧場物語なんですけど、ただの牧場物語ではありません。

Dgs11oUU8AAcBS3.jpg

初っ端のこの手紙を読むだけで、疲れた社会人に打って付けなゲームだということがよく分かりますね。
(主人公の名前は「ぬらしみ」、牧場の名前は「うおざねっしん」にした)

Dg_eBO6UYAEImaU.jpg

畑の管理、動物の世話、アイテム採取、キャラクターとの交流、鉱山でバトルなどなど、できる事が沢山あるゲームって
遊ぶというより作業になってしまいがちだと思うんですけど、この作品は飽きさせない工夫が散りばめられているから凄い。
一言で言うと、世界が主人公を中心に回っていないんです。だから嘘臭さがない。
最初は今時のゲームにあるまじき不親切さだな!逆に面白い!って思ってましたが、慣れてくると
「あ、最近のゲームって親切って言うか過干渉だったのかな」とか思えてきてびっくりします。
ストレスも少しはないと楽しく生きていけないと言いますし、その点がスタバレは絶妙なのかもしれません。
牧場主としての成長や他人との距離感なんかもリアルで、本当に第二の人生を歩んでいる気になります。

強いて悪いところを上げるなら、釣りのシステムがリアルすぎて魚が一匹も釣れないのが辛いwww
Copyright © 2018 pelagic. all rights reserved.