FC2ブログ
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
CATEGORY : 未分類
2018-07-04-Wed
ハッピーエンド
6月は1回しかブログが書けず無念でした。
書きたいことは山ほどあって、何度か書いてはみたんですが、上手くまとめることができなくて公開には至らず。
思考力が低下してたんでしょうね~気付くと広告に出ている無料漫画を読み漁っている日々でした(笑)
今ようやく落ち着いてきたので、書いてみます。

今の職場に移ってから3ヶ月程経ちまして、どんな感じかと言うと「一刻も早く辞めたい」です^^
同僚達がみんな敵としか思えず完全に萎縮してしまい、もう本来の力がほとんど出せません。
私にも今まで積み重ねてきたものがあるので、どちらかというと周りに問題があるとは思うのですが
自分史上最大の頑張りを発揮してこんな残念な結果になるとは思わず、かなり落ち込みました。
そのおかげで新たな気付きがあったので、全部が無駄だったわけではありませんが。

とりあえず、自分は思ってた以上に少数派の人間なのかもしれないなと思いました。
私は誰が相手でも親切にしたいと思っているけど、相手を選ぶ人の方が多いのでは?
私は協力すべき相手が苦手だったら歩み寄りたいと思っているけど、突き放す人の方が多いのでは?
私は何をするにも相手の気持ちを考えるけど、考えない人の方が多いのでは?

どっちが良い悪いという話ではなく、少数派の存在にすら気付かない集団の中では
私のようなタイプは何もできず静かに死んでいくのだなと思い知りました。
特に私は人の心に寄り添うことを生き甲斐としているので、それが全く叶わないとなると、
他の条件がどれだけ良かったとしても耐えられません。
まあ今の職場はブラックなので、どっちにしろ耐えるべきではないんですが(笑)(笑)(笑)

今回の件、最初はラッキーと思いきやアンラッキー、と見せかけてやっぱりラッキーなんだと思います。
短期間で沢山の災難が降りかかったのは、私を早く逃がすために神様がそう仕向けたからに違いない><
いろいろ突き詰めて考えたおかげで「本当に成し遂げたいこと」が何かも分かったし!神様ありがとう!!
CATEGORY : 未分類
2018-05-27-Sun
貴方を誇りに思う
私はたぶん幼い頃から人、というか全ての生き物を愛していたんだなと思い至った。
全ての生き物は、お互いに支え合って生を謳歌するべきだと思っていた。それは今も同じ。

保育園に通っていた頃は多くを知らなかったから、世界の有り様は私の理想とほぼ一致しているように見えた。
私はいつも満ち足りていて、周りの大人に「この子はどこに行っても生きていけるね」と言われる程だったらしい。
違和感を感じ始めたのは小学校高学年の時。クラスメイトの歪な関係を目の当たりにして、人間関係に悩み始めた。
最初はとにかく理解ができなかった。子供とは言え、堂々と自分本位な言動をする人の多さに混乱していた。
同年代への混乱は中高まで続き、大学に入ってからは両親との間にも大きな溝が生まれ、いよいよ人生に絶望。
世間の暗いニュースにも耐えられなくなり、あらゆる情報をシャットアウトしていた。携帯を解約したのもこの頃。
大学を中退し、働き始めてすぐに一人暮らしを始めた。一日も早く実家から離れたかったから。
職場ではそれなりに楽しく働いていたが、既に人生に期待することは出来なくなっており、ついに死を決意。
結局怪我しただけで終わったが、頭のネジが外れたのか、他人を巻き込む問題行動が増えていった。
自己愛がどんどん強くなっていき、天使のような相方と付き合い出してからも何度も危機が訪れた。
今の自分のままでは生きる価値がないと気付き、変わろうと決意した。それから絶望することはなくなった。

みんなと笑い合って生きていきたかったんです。異なる部分があっても、それを認めたいし、認めて欲しかった。
それを実現することの難しさに頭を抱え、生きることすらままならなかった過去の私を本当に誇りに思う。
死のうと決意した時に自己犠牲に走っていた自分は死に、生きようと決意した時に自分本位な自分は死にました。
今の私が、死んだ二人の果たせなかったことを果たせる自分であって欲しいな。
CATEGORY : 未分類
2018-02-19-Mon
ぶつ森にゃんこクッキー
DSC02285.jpg

バレンタインに挑戦したアイシングクッキー。みしらぬネコを量産する予定だったのですが、
アイシングペンが全然足りなかったので・・・色的にいけそうな他のネコ住人も作ってみました。
結果、一番気に入ってるのはあやしいネコ(笑)
CATEGORY : 未分類
2017-12-07-Thu
植物標本
DSC01573.jpg

最近よく見かけるハーバリウム。これはなかなか革命的な植物の楽しみ方だと思います。
欲しいけど種類が多すぎて選べない・・・と思っていたところ、職場に綺麗なのがあったので購入^^

新しい職場で働き始めて数日経ちましたが、前の職場とは比べ物にならないくらい快適です。
同じ職種でも、お店によって働き易さがこんなに違うのかって毎日びっくりしている。
詳しく書きたいところですが、身バレが怖いので今はまだ心の中にとどめておきます(笑)

DSC01523.jpg

光を当てることで更に美しくなるハーバリウムちゃん。専用のライトなんかもあるらしいですね。

CATEGORY : 未分類
2017-12-04-Mon
弟の結婚式
DSC01341.jpg

新郎新婦の可愛さが最大限に発揮され、始終和やかなムードでとても楽しい式でした。
その上、弟が式中に何度も「皆さんに感謝を伝えるための式です」とか言うものだから感動して、
冠婚葬祭への苦手意識がついに消えたような気がします(ちょろい姉)

DSC01373.jpg

「交わる友を見れば人柄がわかる」と言いますが、それぞれの友人代表のスピーチは面白可笑しくかつ心温まる感じで、
本当に弟と奥さんの人柄そのものだなと思いました。手前味噌で恐縮ですが、弟夫婦は素晴らしいのよ、マジで。

弟は善良な人間であることは間違いないのですが、頭が良すぎるのか何なのか、
常人には理解できない選択をすることが多く、放任主義の両親がカウンセリングに連れて行くほどでした(笑)
そして最後には何事もなかったかのように笑っているので、ミステリアスな奴だな~~と思ってましたが
奥さんと出会ってから目に見えて柔らかくなり、元来の優しさが前面に出てきたという印象です。
これって相性が良い証拠ですよね。弟の良いところを引き出してくれた奥さんには本当に感謝しています。

DSC01398.jpg

意外なことに母より父が泣いていて、愛情表現を全くしない人だけど子供を想う心がないわけじゃないんだな~と安心しました(笑)
相変わらず「家族」という概念に対して斜に構えていますが、うちの家族に関しては、これで良かったんだと思えます。
子供がみんな、自分以外の誰かを愛することに成功しているから。それは強く生きていくことに繋がるから。
少なくとも私には、この両親が必要でした。死にたいと嘆く私の話を無視するような冷酷な両親が(笑)
もし両親が後ろ向きな私を肯定していたら、私はここまで強くなれなかっただろうなあ。

DSC01352.jpg

親戚によると、祖父が孫の中で唯一結婚する気配がない私を心配していたらしいです。
私にも事情があるわけですが、家族に本当のことを話すメリット・デメリットについて考えているところです^^
Copyright © 2018 pelagic. all rights reserved.