FC2ブログ
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
CATEGORY : 写真
2018-08-02-Thu
見つめ直す
DSC04725.jpg

自然にドライフラワーになってたガクアジサイ。枯れてもなお美しすぎて、植物って本当に凄いなと思った。

私、学生時代は日本が大嫌いでした。とは言え、嫌っていた理由を思い出せないくらいだから
日本というよりは現実世界全体への拒絶だった可能性が高いけど、とりあえず外国に移住するのが夢でした。
社会人になってから何かの拍子に愛国心が芽生えて、自分が日本人であることを誇りに思うようになったのですが、
ブラック企業に勤めてみていろんな事が分かったからか(笑)最近また日本への不信感が募っています。

外国人の知り合いすらいないから、外国の実体なんて分かりません。
そんな外国と自国を比べるなんて無意味なことかもしれない。
ただ、日本が変な国である可能性について考えることは、生き難さを感じる自分を鼓舞することに繋がるはず。
見方を変えたい。視野が狭いばかりに、自分を否定することがないように。
CATEGORY : 写真
2018-07-09-Mon
奇跡
DSC04062.jpg

人間をやっていると、生まれたからには何かを成し遂げなければダメなんだとか思ってしまうけど、
本当は「ただ生きている」わけではなく「生き延びている」んだよね。それだけで十分凄いこと。
死はいつもすぐそこに在る、それをギリギリのところで回避し続けているのだから本当に奇跡。

世界の誰かにふりかかった災難は、他の誰にも起こりうることだ。
だから私はよくネガティブなシュミレーションをしては泣いています(笑)
それが無駄な苦労で終わればいいけど、そう簡単にはいかないんだろうな。

どんな危機が訪れたとしても生にしがみ付くつもりだけど、ついに死を迎えることになった時に
できるだけ後悔を残さないように、好きなものを日々全力で愛でていきたいと思います。
CATEGORY : 写真
2018-04-27-Fri
処世術
DSC09671.jpg

仕事で涙が出るほど悔しい思いをしたのですが、自ら心を折ることで乗り切りました。
相手に嫌われるのが怖くて言いたいことを言えない自分が嫌いだったけど、今となっては長所だなと思います。
命や魂に関わるような絶対に譲れないことじゃない限り、幾ら折れても私はきっと立ち直ることができる。

周りの人にどう思われているかは相変わらず気にしてしまうけど、以前のように思考が堂々巡りすることはなく、
すぐに「嫌われてても別にいっか~死ぬわけじゃないし」というゴールが見えるようになりました^^
嫌われても仕方無いと諦めているわけではなく、生きてる限り挽回するチャンスはあるというポジティブな気持ち。
別に挽回できなくてもいいけどね。私のことをよく知りもしないで嫌うような人、私だって嫌いなので(笑)

DSC09670.jpg

(いろんなクラゲ水槽を見てきたけど、今のところ品川水族館のクラゲ水槽が至高)
CATEGORY : 写真
2018-04-22-Sun
多趣味
DSC09847.jpg

(漂流者ごっこ@浄土ヶ浜)

オタク活動が好きという時点で時間がいくらあっても足りないのに、加えてブログ、読書、音楽、映画、旅行、写真、
植物という趣味を持ち、美容健康面も頑張りたくて、着飾るのも好きで、人と話すのも楽しいって・・・働いてる暇なさすぎ。

CATEGORY : 写真
2018-04-13-Fri
一体感
DSC05569.jpg

今日は仕事で酷い目に遭いまして、私が何したってんだちくしょーと思ったんですけど、
今朝素晴らしいBLの啓示を受けたことを思い出して納得しました。
神に選ばれたから悪魔に狙われたのだ。代償がこの程度で済んだことを有り難いと思わなくては・・・

こんな感じで、すっかりポジティブ芸人と化しております^^

私は昔から子孫を残したいという欲求がほぼ無いのですが、それは主に「自分の遺伝子が存在することが可哀相」という
ネガティブな理由からでした。自分の生を呪っていた私にとって、自分の遺伝子を残すということは大罪だった。
相変わらずその欲求はないけど、今は理由が全然違います。自分の未来が楽しみすぎて、新しい命のことなんて考える暇がない。
仮に自分の遺伝子を残したとしても、それは私じゃないから執着する必要もない。

いつの間にか、夢の世界に救いを求めることも、ハイヤーセルフを想うこともなくなっていました。
自分なんて元々一つのはずなのに、自分との一体感が凄いです。
Copyright © 2018 pelagic. all rights reserved.