• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
CATEGORY : 写真
2018-04-27-Fri
処世術
DSC09671.jpg

仕事で涙が出るほど悔しい思いをしたのですが、自ら心を折ることで乗り切りました。
相手に嫌われるのが怖くて言いたいことを言えない自分が嫌いだったけど、今となっては長所だなと思います。
命や魂に関わるような絶対に譲れないことじゃない限り、幾ら折れても私はきっと立ち直ることができる。

周りの人にどう思われているかは相変わらず気にしてしまうけど、以前のように思考が堂々巡りすることはなく、
すぐに「嫌われてても別にいっか~死ぬわけじゃないし」というゴールが見えるようになりました^^
嫌われても仕方無いと諦めているわけではなく、生きてる限り挽回するチャンスはあるというポジティブな気持ち。
別に挽回できなくてもいいけどね。私のことをよく知りもしないで嫌うような人、私だって嫌いなので(笑)

DSC09670.jpg

(いろんなクラゲ水槽を見てきたけど、今のところ品川水族館のクラゲ水槽が至高)
CATEGORY : 写真
2018-04-22-Sun
多趣味
DSC09847.jpg

(漂流者ごっこ@浄土ヶ浜)

オタク活動が好きという時点で時間がいくらあっても足りないのに、加えてブログ、読書、音楽、映画、旅行、写真、
植物という趣味を持ち、美容健康面も頑張りたくて、着飾るのも好きで、人と話すのも楽しいって・・・働いてる暇なさすぎ。

CATEGORY : 写真
2018-04-13-Fri
一体感
DSC05569.jpg

今日は仕事で酷い目に遭いまして、私が何したってんだちくしょーと思ったんですけど、
今朝素晴らしいBLの啓示を受けたことを思い出して納得しました。
神に選ばれたから悪魔に狙われたのだ。代償がこの程度で済んだことを有り難いと思わなくては・・・

こんな感じで、すっかりポジティブ芸人と化しております^^

私は昔から子孫を残したいという欲求がほぼ無いのですが、それは主に「自分の遺伝子が存在することが可哀相」という
ネガティブな理由からでした。自分の生を呪っていた私にとって、自分の遺伝子を残すということは大罪だった。
相変わらずその欲求はないけど、今は理由が全然違います。自分の未来が楽しみすぎて、新しい命のことなんて考える暇がない。
仮に自分の遺伝子を残したとしても、それは私じゃないから執着する必要もない。

いつの間にか、夢の世界に救いを求めることも、ハイヤーセルフを想うこともなくなっていました。
自分なんて元々一つのはずなのに、自分との一体感が凄いです。
CATEGORY : 写真
2018-03-26-Mon
めでたい思考回路
DSC00083_201803260023057cd.jpg

母と相方と3人でご飯を食べる機会があったので、相方と結婚する旨を母に伝えました。
(正式に結婚できるわけじゃないから「結婚する」と言うと語弊があるけど面倒臭いから結婚という言葉を使います)
驚かれることも反対されることもなさそうだなという予想通り、「良いと思う」と言ってあっさり祝福してくれました^^
まあ反対されたとしても「いや私の人生なんで貴方にどうこう言われる筋合いはありませんよ」って言うだけなんですけど、
正論とは言え極力使いたくない台詞なので、言わずに済んで良かったです。

その流れで兄弟にも報告したら、やはりあっさり祝福してくれました。
元々器の大きい2人だけど、自分も結婚してるから私の気持ちがよく分かるのだと思います。
兄も弟も出会って数ヶ月の相手と超スピード婚をしたのでびっくりしましたが、両夫婦ともとても幸せそうで、
そのおかげで両親も丸くなり、私も自分のことを言い出すことができたわけで・・・なんか・・・
全てのタイミングがあまりに神懸かっているので・・・世界は私の為に回っているんだなと・・・
神様は私のことが本当に大好きなんだなあと思えて・・・感動しました。
私がこういうめでたい発言をすると、生暖かい目で「良かったね」と言ってくれる相方が好きです。
CATEGORY : 写真
2017-09-28-Thu
祝*円満退社
DSC07650.jpg

久しぶりに出社して最後の手続きを終わらせました。10月頭まで在籍はしてるけど、事実上はこれで退職。
約10年勤めたので、最終日は10年分の大号泣をするであろうと思っていましたが、
意外と全然泣けなくてww同僚にも「本人が冷静すぎて寂しい」と言われ、なんか申し訳なかった・・・
1年前から辞める準備をしていたので、さすがに心の準備が出来ていたんでしょうね。

仕事の引継ぎは予定通りにはいかず、有給消化中に2回出社してようやく終わりました。
後任者が新入社員(しかも未成年)だったので言葉遣いから教えなければならず、人事をめちゃくちゃ恨みましたが(笑)
いい経験になったので結果オーライです。教える側の方が学ぶこと多いよなと改めて思った。

会社に嫌気が差して退職に至ったわけなので、退職時の挨拶メールの内容は皮肉めいたものにしようと
企んでいましたが(器が小さい)、結局最後は仏のような心境になってしまい、ただただ感謝しかありませんでした。
嫌な思いを沢山したし、精神科にお世話になったりもしたけど、本当にいい勉強になったなあ。
10年前の自分とは比べ物にならないくらい成長できたと思うし、今の自分ならどんな職場でも上手くやれるだろうという自信がついた。
働いたおかげで自分を信頼できるようになったから、嫌々でも働いてきて良かったなと思います。

何だかんだ同僚に恵まれたのも大きな勝因。嫌なことがあっても、後で全部ネタにして笑い合える仲間がいたから耐えられた。
職場の人とプライベートでまで付き合う必要はないと考えていたけど、もうそれを胸張って主張することはできません^^
学生の時なんかよりずっと楽しい日々でした。特に仲の良い同僚達が何度もお別れ会を開いてくれたり、
皆との思い出が詰まったフォトブックを作って贈ってくれたりして、本当に嬉しかったです。
次の職場でも同じような人間関係を築けるかは分からないけど、新しい出会いが楽しみです。
Copyright © 2018 pelagic. all rights reserved.