FC2ブログ
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 読書感想文
2011-02-26-Sat
タイトル買いした本
僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)
(2005/03/10)
白石 一文

商品詳細を見る


「僕はただ生まれてこなければよかったと毎日思って生きてるだけだけどね」
と言う主人公に最初から感情移入しまくれる本でした^^^
本当についていけない奴で面白かったなあ。
電話で恋人に「ねえねえ、それより僕の顏おぼえてる?」って聞くの可愛すぎないか???
主人公の心の冷たさに不安を抱きつつ離れることができない恋人の言動には
見事にイライラwしましたが、終盤で彼女が力説した「自分の居場所」の話は
すっごく良かった!御尤もでした!僕が悪かった!!!

【私はほんとうに死にたいのだろうか?】と【私はほんとうに死にたくないのだろうか?】
という問いでは、後者の方がはるかに重要なんだそうです、そうかもしれない。
スポンサーサイト
Copyright © 2011 pelagic. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。