FC2ブログ
CATEGORY : 読書感想文
2013-08-04-Sun
世界の古代遺跡
世界の古代遺跡世界の古代遺跡
(2013/04/23)
学研パブリッシング

商品詳細を見る

こういう本が欲しかったので偶然出会えて嬉しい!
各遺跡が1P~4Pずつ紹介されていて、遺跡入門にぴったりな感じでした。
一番気になったのはメキシコの「チチェン・イッツァ」
蛇の神ククルカン様が光臨されるそうで・・・生贄スポットの多いこと・・・

夢に出てきた遺跡(にいた枯れ木のような美男)のおかげで遺跡熱がどんどん上がっております。
そういえば占いにおいても「古代遺跡は魚座の世界に属するもの」だったな><

枯れ木(略)がいた遺跡は山の上にあって、遺跡中に緑があふれてた。
神殿みたいな綺麗な造りではなかったし、部屋みたいな空間や階段があったから集落遺跡と思われる。
アジアもしくは中東っぽい雰囲気で、過ごし易い気候だった。

ところで遺跡って英語ではルインズ(RUINS)と言うんですね。こんなに綺麗な響きなのに
語源?のルイン(RUIN)という言葉に「破壊、滅亡」という意味があるというのがまた素敵。

今日は、広い畑に放し飼いにされた沢山のウサギの中から自分が飼っていたウサギを見つける
という夢を見ました。割と簡単に見つけられて、その後ずっと抱いていたらウサギ寝てて可愛かった。
ちなみにそのウサギの名前はルイと言いまして、ルインズとの関係が気になるところです。

「夢の世界の遺跡にいた枯れ木のような美男」って打つの疲れるからルインと名付けるか勝手に。
もう一度会いたいなら無理矢理にでも身近に感じる必要があるもんな。
・・・同僚に「お前が一番心配」と言われるのも無理ないなと思いました。
スポンサーサイト



Copyright © 2013 pelagic. all rights reserved.